読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔色を伺う癖

私が入っていた宗教は、新興宗教ではあったけど、決して悪どい宗教ではなかった。
お布施の強要もなく、施設に呼ばれるわけでもなく。壺も売ってなかったし(笑)

前にも書いたけど、アファメーションや引き寄せの核として神や仏があった方がやりやすいんだと思う。イメージしやすいのではないかと思うのだ。
でも私には逆効果だった。
何故なら私は、人の顔色を見てコントロールする生き方をしていたから。
このあたりは、親との関係も含めまた別に書きたい。

私は旦那の顔色を伺う事をやめられたが、今度は仏様の顔色を伺うようになってしまった。
旦那は人間だから、多少のコントロールは通用するけど、仏様=天 にコントロールは通用しない。感謝してないのに、感謝したふり。これでは引き寄せなんて出来るはずがない。
なんちゃって引き寄せ生活。
何もしないより、よほど悪い。

私にとって、心とはコントロールするものであり、人の形をしたものは、顔色を伺う対象だったんだな。
仏様ではピンと来ない引き寄せも、風景や環境や天気として受け止めると、すんなり分かる。
種まきして、待つ。芽が出るまで地面を眺めるのではなく、あとは天に任せて、収穫を受け入れる準備をする。天が私の畑によい天気を与えてくれるかどうかは、私次第。実りを受け入れる用意のない所は豊作になったら大変な事になる。だから、見合った実りしかもたらされない。
私に出来る事は、受け入れる準備。
実りを捌き、余れば分け与え、次に繋げる。
プラスのお礼に、マイナスを起こし、次のプラス、次のマイナスを待つ。
顔色は伺わなくていい。ただ、幸運を受け入れる準備をしっかりがんばろう。