読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け引き

私は駆け引きが大嫌いだ。

諦めたら手に入る法則とも通じるけど、こちらが引っ込めたら追いかけてくるという現象が苦手でしょうがない。
一体何がしたいんだ!?
会社との駆け引き、夫との駆け引き、こちらが計算してるわけでもないのに、時々起きるこの現実。
いや、わかってる部分もある。
思い通りにならないから、腹が立ってるだけなんだ。執着とは、いかんともしがたいものだと思う。素直に喜べばいいんだろうけど、ようやく諦めたもの。それはもう、本当にいらないものなのに。この、絶対いらない!という気持ち自体が執着なんだろうか?

一方で、上手に執着を手放して、運が巡ってきた事もある。
私は一昨年の年末、仕事をやめる決意をした。
仕事と言っても雇用ではなく請け負いの仕事で、担当地域を貰い商売をする形式。
私は成績がよい方だったが、なかなかよい地域を貰えなかった。
これは会社の判断としては当然の事で、難しい地域ができる人間と、出来ない人間がいたら、できる人間に難しい方を与えなければ、成り立たないから、ある意味仕方ない。
でもこれだと、できるようになると、苦労するだけなのだ。
努力の結果、さらに苦労する。こんな理不尽は無い。当然不満か募っていたが、直属の担当から、うまい事を言われて、いつか報われるだろうと頑張っていた。
しかし、その担当がクズだった。優良地域が空いた事を知らせてきて、その上で悪い地域を持てという。優良地域は、仕事が出来ず、時々私も助けに入る人にあげると言う。
これは会社が決めた事だから、という担当の目は泳いでいた(笑)から、私は会社まで事実を確かめに行った。
後はお察し。全て担当が勝手に決めた事だった。
この仕事は自営と同じで融通がきき、定年もない仕事だったから、本当はずっと続けたかった。ほかに掛け持ちしても十分できる自信もあったから、私も執着があった。
しかし、もういいや!私頑張った!やめて他に仕事を探そう!と切替たら、友人から電話で食事のお誘いがあり、やめる話をした所、今の仕事に誘われた。
時給ハイパー高額、手当充実、ボーナスつき。もちろん過酷だけど、私が得意な過酷さ。
これは、いい引き寄せが出来たパターンかな、と思っている。
その後夫がクビになったのだけど、その時も、違う会社から、空いてる時間だけでokの仕事を頂いた。これもなかなかの高給。

私は3月に家を売り、夫の住む街へ引っ越す。
この2つの仕事も辞めなければならない。
何と言う不運。
だけど、これだけの不運が来たのだから、プラスに切替たら、すごい幸運がくるんじゃないの?
引き寄せの法則に感謝。
今は、執着を捨て、ワクワクしている。