読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

振り返りも折り返し

私の振り返り活動も半分終わった。
吐き出したい思いも、残り半分くらい。
いつか、読み返して「こんな事思ってたんだな~」なんて懐かしむ事ができるといいな。

結局の所、私の問題のほとんどは、お金で解決出来るんだな。
この先も、お金に味方して貰える人生でありますように!
思うようにならなかった気がしていたけど、振り返ってみたら、私はさほどお金に苦労しているわけではない。自分で自分を縛って、自由を奪っていただけで。
いつも、ピンチになるとお金が入ってきているじゃないか。もっともっと、大事に使って、自分も回りも幸せになるような使い方を選んで行きたい。

お金以外の障害について。
私は4月から夫の両親と同居する。
夫が転職し、両親を呼び寄せたのだ。
もともと、いずれは同居になると思っていたから、仕方ない部分はある。
しかし、経済的に大混乱の時期に、混乱に乗じて強引にコトを進められた感じがあり、私は嫌な気分なのだ。
ところでここにも、誰かが願って引き寄せたんだろう不思議な運命の流れがある。

夫には妹がおり、この妹が、夫が失業する少し前に倒れてしまった。後遺症はないが、面倒を見てもらおうと思っていたらしい夫両親は、選択肢を一つ失った。
そこに夫の失業である。
夫両親の身になれば、本当に不安だっただろう。
そんな時、親戚が大金を手にするから、分け前を貰えるという話が舞い込んだ。
その親戚と言うのは、よくこんなヨタ話をしては親戚中からカネを集めて返さない、とんでもない人物である。
眉唾どころではない話なのに、夫両親も夫も、この話を信じてしまった。溺れるものはわらをもつかむ。うちはお金を貸したわけではないので、無ければ無いでよいのだが、夫両親は、これをきっかけに、同居に向かって暴走しはじめた。
今週入る、来週入る、これがエンドレス。
入るわけなかろうが!
今まで何度騙されたと思ってるんだ。
その金で、夫の再就職先に家を買い、同居し仲良くくらす。ステキなアファメーションです。
結局その金は入らず、それでも同居を諦めきれない夫両親は、自腹で家を買い、夫と住んでいる。私は4月から合流予定。

私もこの流れは仕方ないと思っていた。
しかし、夫母がここで本性を現した。
現在の家を売ったらそのお金をちょうだい。
家のローンがなくなったら、家賃を払え
食費も入れてちょうだい

それが可能なら、そもそも同居する理由も無いんだよ!

夫の収入は新入社員なみに減り、私は失業状態で合流する。
年金を出すから生活は余裕!と言っていたのに、出せないと言う。

私は20年で初めて夫両親にキレた。
夫には、あれもあげる、これもあげる、あげる話だけ。だから夫は余裕だと思っている。
しかし私にはちょうだい話しかしない。
これがきっかけで、私は家計を夫に渡す事にした。
私の収入もよこせと言うだろうが、渡さない。
20年間、言われ続けた台詞を返してやる。

私の稼いだ金だ。私が使って何が悪い。

あーすっきりした。